診療コンセプト

三室歯科医院での予防歯科の考え方

歯が抜けて噛めない、前歯が汚くて恥ずかしいなど、せっかくの楽しい人生をそんなことであきらめていませんか?
美しい口元で会話し、好きなものを美味しく食べ、楽しく過ごすことは人生最大の幸せであります あなたの大切な歯の健康を守るためには、歯科医院でのそれぞれの患者様に適した専門的なアドバイスによるケアとご家庭でのホームケアを両立することで、大切な歯を維持することができます

歯周病やむし歯で大切な歯を失わないために

歯周病やむし歯で大切な歯を失わないために
成人が歯を失う60%が歯周病で、40%がむし歯です。
歯周病やむし歯で大切な歯を失わないためにも、歯科医院での定期健診をお勧めします。
むし歯や歯周病は生活習慣病であり、また細菌の感染症です。とくに歯周病菌は肺炎、血管の病気、心臓病、糖尿病、低体重児出産へも影響することがわかっています。 お口の中に巣食うむし歯菌や歯周病菌を除菌することが重要です。早期発見、早期治療は今や常識です。

健康な“こころ”と“からだ”はお口の健康(健口)から・・・

健康な“こころ”と“からだ”はお口の健康(健口)から
歯周病は歯を失うだけの病気ではありません。歯周ポケットから幾多もの細菌が体内に入ってくる可能性があり全身の健康にも影響を与えます。
糖尿病などの病気や喫煙などの生活習慣が歯周病に悪影響を及ぼす原因であったり、逆に重症な歯周病が心臓血管疾患や、低体重児出産などの全身疾患の原因になることもあります。 歯周ポケットから細菌が体内に慢性的、持続的に侵入し、血管を通じて体内に行き渡り様々な影響を及ぼします

お口の病気が原因で起こる全身病

お口の病気が原因で起こる全身病

虫歯・歯周病も生活習慣病

生活習慣と虫歯

歯を失う大きな原因である虫歯。虫歯は「虫歯菌」と「糖質」「歯質」「時間」が関係しています。 歯の表面では「虫歯菌」が「糖」をエサに「酸」を出して歯を溶かす「脱灰」と、唾液による歯を修復する「再石灰化」が繰り返されています。3度の食事と1回の間食の生活習慣と間食が5回の場合では、脱灰が再石灰化を上回るため虫歯ができやすくなります。「唾液力」にも食が関係しています。

外観 外観

0925_03

生活習慣と歯周病

歯を失う最も大きな原因である歯周病。歯周病は細菌による感染症ですので、発症や進行には「歯肉の免疫力」と「歯周病菌」が関係しています。   「歯肉の免疫力」とは、歯肉の歯周病菌に対する防御機能のことをいいます。高齢になるにつれ、様々な要因によって防御機能が低下して、歯肉は衰えていきます。口の中で「歯肉の免疫力」と「歯周病菌」とのバランスが安定していれば、歯肉は健康な状態を維持できます。歯肉の抵抗性・免疫にも「食」が関係しています。

0925_04

各種治療方法

ドックスベストセメント法カリソルブ3Mix-DS法歯周病治療 内科的歯周治療PMTC3DS
ホワイトニングムーシールドスマイルデンチャー良く咬める入れ歯(金属床+金属歯)
磁石式入れ歯(マグフィット)セラミッククラウンジルコニアクラウン